「リベラル・アーツ」の聖心ならではのユニークなシステムです。聖心のカリキュラムの最大の特徴は「2年次進級時に学科を決める」ところにあります。入学してからの1年間は全員が「基礎課程」に所属し、2年次から各学科に進みます。

基礎課程では、さまざまな学問領域の入門科目や、各学科が1年次生に開放している専門科目を幅広く学びます。

自分の興味がさらに深まるのを実感する人。
さまざまな学問領域に触れ、新しい世界と出会う人。
自分では気づかない適性や可能性を発見する人。

いずれの場合も、より確かな目的意識と自信を胸に専門課程へ進み、学習の手応えと成果をしっかりつかみとることができます。

基礎課程の特長

POINT1

専門をじっくり選ぶ

2年次進級時に学科決定

聖心女子大学では、受験時に学科を決めることを求めていません。基礎課程での1年間でさまざまな学問に触れ、自身の興味・関心はどこにあるのか、自身の将来にはどの学問が必要なのかをじっくり選んでください。

1年次対象専攻課程科目

1年次生に適した入門・推奨科目を多く揃えると同時に、通常は2年次以降に履修する専門性の高い専攻課程科目も、1年次生に開放しています。ハイレベルな勉強に挑戦したい1年次生への意欲に応えます。

POINT2

大学での学びの基礎をつくる

1年次生のための基礎課程演習(ゼミ)

大学での勉強の進め方は、高校までと大きく異なり、新しく挑戦することも多くあります。大学での新しい学びを円滑に進めるため、基礎課程演習では、「文章等による表現力」、「発表の力」、「調査や情報収集の力」を強化します。授業は学生の主体的な研究発表と意見交換を中心に進められ、大学での学習・研究活動に必要な基礎能力や積極的な姿勢を身につけます。

POINT3

充実したサポート体制がある

アカデミック・アドバイザー

基礎課程での1年間、基礎課程演習の専任教員がアカデミック・アドバイザーとして、1年次生の学びをサポートします。授業のこと、将来の進路と学びの関係、学科決定への相談と助言など、種々のアドバイスを受けることができます。

1年次センター

近年、大学における初年次教育の重要性が高まっています。本学では早くから初年次教育の重要性を認識し、大学入学直後の1年間を総合的にサポートする「1年次センター」を他大学に先駆けて設置しています。学科が決まるまでの1年間、学生研究室の代わりとなり、1年次生の学修・生活面に必要な情報等を提供し、円滑な大学生活のスタートを支えています。

 

学生メッセージ

さまざまな科目の入り口をのぞくことで
自分が本当に学びたいことを見つけられます。

base_message_2016

髙橋 美栄
Mie Takahashi
史学科4年

1年次の基礎課程は、自分自身や自分の興味・関心のあることにじっくり向き合える時だと思います。入学前、私は哲学科に進んで、幼い頃から触れてきたバレエや声楽などの芸術分野につながる「本当に美しいものは何か」という問いに自分なりの答えを出そうとしていました。  
しかし基礎課程の授業で史学科の授業をいくつか取り、現代と違う人々の姿や世界の様子を、史学科で学ぶことができることを知りました。社会背景などと共に、昔の人々がどのように芸術に触れて来たのかを学ぶ面白さを感じたので、学科を決める際には、アカデミック・アドバイザーの先生をたずね、どの学科なら自分が望む学びができるのかを伺いました。先生からは、各学科の先生方がどのような研究をなさっているのかなどを偏りのない視点から教えていただけたので、迷いなく史学科に進むことができました。さまざまな学科の入門の授業は、学科選択の参考になることはもちろん、新しい視点から自分の興味に気づくことができる聖心ならではの有意義な機会だと思います。