[学生メッセージ]専攻と学び

生の声を聞き、会社との
相性を感じることも大事。

2018年3月卒業
株式会社オリエンタルランド

渡辺 萌子
Moeko Watanabe

テーマパークのショーとパレードを陰で支える、ステージマネージャーとして働きます。人に直接サービスを届ける仕事に魅力を感じ、エンターテイメントに関わる仕事を目指しました。ショーやパレードは、さまざまな職種が協力して作り上げるもの。教育学専攻で培った、人に寄り添って信頼関係を築く力が活かせると考えています。やりたい仕事を見つけるためには、論理的に考えることはもちろん、直感も大事です。私自身、会社説明会への参加やOG訪問を積極的に行い、自分と企業との相性を「感じる」ことを心掛けました。ウェブやパンフレットの情報に頼りすぎず、先輩社員の生の声を聞き、そこで自分がどう感じたかを大切にしてほしいと思います。

卒業後の進路

就職先はさまざまです。幼児向けのおもちゃ会社や教材関係の企業、メディアや出版企業、コンピュータ関連の企業、銀行や保険会社、建設会社、航空会社などあらゆる企業で活躍しています。教育学を勉強することは、人の理解につながります。教育学を学んだことで、人との関わりの中で果たすべき自分の社会的役割を強く感じて、卒業していった先輩も数多くいます。3分の1ほどの学生は、教員免許を取って小学校や幼稚園、あるいは日本人学校などの教職に就いています。また、さらなる勉学のため、本学の大学院人間科学専攻に進学する人も増えています。

取得できる免許・資格

※中学校教諭一種免許状(社会)/※高等学校教諭一種免許状(公民)/日本語教員/博物館学芸員/図書館司書/司書教諭

※ 教育職員免許法施行規則の改正に伴い、申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。