「英語コミュニケーションの実践」と
「英語文化の理解」を目指します。

学びの流れ

[学生メッセージ]専攻と学び

英語力の向上と教養を身につける学び。
翻訳の難しさと面白さを体験しました。

english_message

2017年3月卒業
飯野 木花
Konoka Iino

 映画の翻訳の仕事に憧れ、聖心女子大学へ進学。1年次の基礎課程から英語に関する授業を多く履修した結果、1年間でTOEICの点数が100点以上あがるなど、英語の基礎力が確実についていることを確認できました。また翻訳は語学力だけでなく、様々な事柄に広く通じていなければなりません。聖心では、所属学科以外の授業も自由に受講できるため、宗教やフェミニズム、憲法などの授業を選択し、幅広い教養を身に付けました。
 ゼミでは英文テキストや映像作品の翻訳方法を、実践的に学びました。4年次には、学内の交換留学生向けにゼミ生全員で編集・英訳した英語版ガイドブックが、鎌倉・円覚寺で外国人観光客向けに無料配布されることになりました。こうした対象者、用途の異なる、多様なジャンルの翻訳に携わる機会を得て、文章を正しく理解し、読み手に伝える難しさを実感。書き手のぬくもり、私自身の感じた印象や感動をどう翻訳に表現していくのか多くの課題に直面しましたが、先生が丁寧にご指導してくださり、日々成長しているのを実感できました。

飯野さんの時間割

english_timetable_1
english_timetable_2
english_timetable_1
english_timetable_2

過去の学生インタビューはこちら