歴史を楽しく学ぶことを通して、
現在と未来のさまざまな問題に対処できる力を養います。

学びの流れ

[学生メッセージ]専攻と学び

さまざまな視点で歴史を考察することには
謎を解き明かしていくような醍醐味があります。


2018年3月卒業

岡 桜子
Sakurako Oka
インタビュー動画はこちら

海外在住の経験が長く、将来は海外で働きたいという夢を持っていました。世界の情勢を理解するためにも日本の歴史、特に近現代史の知識を得るべきだと考えて史学科に進みました。
歴史上の出来事を俯瞰して、当時の人々の考えや思惑を想像しながら学ぶことは、とても興味深いものでした。私はインドネシアで暮らしていた経験があるのですが、その当時からインドネシアは日本に占領された過去がありながらも、なぜ親日国なのかという疑問を抱いていました。卒業論文には「インドネシアと日本」をテーマに選び、多くの文献を読み解き、さまざまな視点から考察しながら自分なりの結論を導き出すことができました。
ひとつの出来事でも視る角度によって解釈が変わりますし、歴史の学びには謎を解き明かしていくような面白さがあります。歴史上の人物にも当時の市井の人々にも思いを馳せ、多角的な視点で考えを掘り下げていくことで視野が大きく広がりました。

岡さんの時間割