[学生メッセージ]卒業後の進路

大学で培った分析力を活かし、
会社に貢献していきます。

history_interview
2017年3月卒業
エプソン販売株式会社

青柳 詩織
Shiori Aoyagi
インタビュー動画はこちら

就職活動全般は楽しいことが多かったです。大手一流企業の中へ入って行って、重要な役職にある方たちと話をする。それをできるのは就活生である今だけと考え、必ず一つ質問をする、何か一つ発見をすることを自分に課し、前向きに活動しました。午前中は学校に行ってキャリアカウンセリングを受け、午後から企業で面接といったスケジュールを組んだため、実際の面接には自然体で臨むことができました。課外活動では、E.S.S.のディスカッションメンバーとして活動していましたので、協調性や積極性を強調していきました。自分自身の自己評価は高くなかったので、「自分の魅せ方」を真剣に考えたことが、結果としてよい方向に作用したのだと思います。
世界の「今」を知りたくて、世界史を専攻しました。過去の文献から歴史の新たな側面を見つめ、分析・考察を進めていくところに、この学問のおもしろさがあります。卒業論文の作成では300ページにも及ぶ英語の文献を読むこともあり、語学力と忍耐力もつきました。今後はこの能力を活かし、お客様の過去のデータをひもとき、分析を進め、価値ある提案ができる人間となり、会社に貢献していきたいです。語学力をさらに磨き、将来は世界で通用する人間になりたいです。

卒業後の進路

史学科の卒業生は、毎年大部分が企業、官公庁に就職し、数名が本学や他大学の大学院に進学しています。企業では、金融、IT関連、メーカー、運輸、マスコミ、旅行会社などに多くの学生が就職しています。
また教職課程を履修し小中高校の教員として、また博物館学芸員課程を履修して画廊や博物館に就職した人もいます。
さらに、歴史専門出版社の編集者や航空会社のキャビン・アテンダントになった卒業生、中国留学が契機となって北京の日本企業に就職した卒業生がいます。このほかに、システム・エンジニア、自衛官、エステティシャン、ブティック店長といった進路を選んだ卒業生もいます。

取得できる免許・資格

高等学校教諭一種免許状(地理歴史)/日本語教員/博物館学芸員/図書館司書/司書教諭

主な進路先

教員/金融/保険/製造/美術館/マスコミ関係(編集者・記者など)/公務員/学内・他大学の大学院進学/研究者 他