[学生メッセージ]卒業後の進路

人生をよりよく、豊かにするような
アドバイスができるFPを目指します。

human_interview
2017年3月卒業
金融業

池尾 愛子
Aiko Ikeo
インタビュー動画はこちら

大学でラクロス部に所属し、新人の育成やチームのサポートに関わりました。チームがより良くなるために周囲の意見をすくいあげ、チームの成長にどうつなげていくかを考えた経験から、人の挑戦をサポートする仕事に就きたいと思うようになりました。また3年次にセミナーに参加して「もうすぐ定年を迎えるお客さまに対し、資金運用したいと思っていただけるような人生をより良くするためのプランを提案する」という課題に向き合った時に大きな充実感や達成感があり、金融業界を目指すことを決めました。  
聖心のキャリアセンターには異なった職歴を持つキャリアカウンセラーが多数いらっしゃり、様々な観点からアドバイスをしていただけます。私もたくさんのカウンセラーに相談をしました。複数のカウンセラーからアドバイスを受けたことで、自分の進路に対する狭い視野を広げることができました。就職活動から学んだのは、自分に満足せず、とことん自分と向き合って考え続けることが大切だということです。  
今後は資産運用の相談を受け付ける総合職として働きますが、目の前のことに誠実に、お客様の悩みに寄り添うFPになりたいと思います。

卒業後の進路

多角的な視点を習得し、社会調査のスキルを身につけた人間関係学科の卒業生は、幅広い場面で活躍することができます。社会調査士資格を直接的に生かして、調査やマーケティングの分野で活躍する人もいれば、データ分析のスキルやコンピュータ処理能力を買われてシステム・エンジニアとして仕事をしている人もいます。アナウンサー、新聞・雑誌記者、広告クリエイターなど、メディア関係の仕事に従事する人も数多くいます。この他、旅行会社、アパレルや食品メーカー、金融・保険など、進路はさまざまですが、どの業界に行っても、本学科で学んだ社会を読み解く視点、客観的な分析スキル、プレゼン能力が役立っています。また、近年では大学院に進学するケースも増えています。他大学の大学院で学問を究めるだけでなく、本学の社会文化学専攻で、社会調査士よりもさらに専門性の高い「専門社会調査士」を取得して調査会社に就職したり、さらに博士課程に進学して研究者を目指したり、選択肢は広がっています。

取得できる免許・資格

日本語教員/博物館学芸員/図書館司書/司書教諭/社会調査士資格

主な進路先

リサーチ・広告関係/マスコミ関係(テレビ局ディレクター、放送記者、新聞記者)/研究者/カウンセラー/金融/保険/公務員/国内・海外の大学院進学 他