[学生メッセージ]卒業後の進路

プレゼンテーション力を生かし営業職に。
知識を積み上げプロとして働き続けたいです。

international_interview
2017年卒業
損害保険ジャパン日本興亜株式会社

牧浦 柊子
Shuko Makiura
インタビュー動画はこちら

就職活動を始めたのは3年次の9月からです。インターンシップで、人を説得し、商品の良さをアピールするプレゼンテーション力に自信を持つことができた経験から、営業職を志望。業界は絞らず、興味を感じた企業に積極的に足を運びました。インターネットの情報に頼るのではなく、学生というパスポートを活用して、企業の方々に直接お会いして話を聞く。この体験によって成長できたと感じていますし、足を使った活動が就職活動を成功へと導いてくれたのだと思います。  
プレゼンテーション力は大学の授業で鍛えられた賜物です。ゼミでの研究発表と評価を通じて、自分の意見をしっかり伝える力が身につきました。またゼミ生10人で行った共同論文の執筆は、人と協力して一つのものを作り上げる難しさを学ぶと同時に、大きな達成感を得ることができました。どちらかといえば一人で勉強するタイプなのですが、仲間とともに学ぶことは刺激的で、社会の動きと経済を理解し、世界の情勢を知ることに貪欲になれました。損害保険業界に進みますが、この知識をさらに積み上げ、その道のプロとして働き続けたいです。

卒業後の進路

国際交流学科を卒業した学生は、それぞれが専攻した専門性とコミュニケーション能力を生かし、国内外のさまざまな分野で活躍しています。国際機関の職員や外交官として国際社会で活躍している者、国内外の金融、証券業界の総合職として働いている者、システムエンジニアなどIT関係の仕事に就いている者、記者やアナウンサーとしてマスコミ関係で活躍している者、通訳者あるいは文化交流事業に就いている者など、自分の適性と能力を最大限に生かし、広い分野で活躍しています。また、国内外の大学院に進学し、大学等の研究者として活躍している者、国内外の学校教員として教鞭を執っている者など教育・研究関係に進み活躍している卒業生も多くいます。

取得できる免許・資格

日本語教員/博物館学芸員/図書館司書/司書教諭

主な進路先

国際機関/マスコミ関係(記者、アナウンサー、広告、PR、コピーライター、編集者)/通訳者/金融機関/商社/不動産開発/公務員(外交官など)/文化交流事業/研究者/教員/システムエンジニア/国内・海外の大学院進学 など