自分の心、他者の心を科学の目で理解し、
心の科学リテラシーを養います。

学びの流れ

[学生メッセージ]専攻と学び

心理学の知識を持った幼稚園教諭として、
子どもの心に寄り添える保育者を目指します。

psychology_message

2017年3月卒業
吉岡 みなみ
Minami Yoshioka

実家が経営する保育園で働く先生たちの姿に魅力を感じ、幼稚園教諭として、もっとも成長幅の大きな時期の子どもたちに関わっていきたいと思うようになりました。しかし、免許取得のためだけに勉強したくない…。さまざまなニュースなどから、保育の現場では心のケアが必要だと感じていましたので、心理学を専門に学びながら、初等教員特別プログラムで幼稚園教諭の資格を取る道を選びました。
2年次に履修した「心理学実験演習」は、毎週実験を行い、結果をレポートにまとめて提出するスタイル。心理学の研究手法を学ぶとともに、レポートの内容はもちろん書式などの細かい指導を受け、卒業論文制作に向かう土台はここで作ります。心理学は日常にある現象を、言葉やデータを使い論理的に説明する学問です。分析することがおもしろく、それを「自分の言葉で表現する」力がついてくると、ますます楽しくなります。
将来は先生を養成する研究職も視野に入れながら、まずは現場へ。発達心理学やカウンセリング法などの知識を活かし、子どもの心に寄り添える保育者を目指します。

吉岡さんの時間割

psychology_timetable_1
psychology_timetable_2
psychology_timetable_1
psychology_timetable_2

過去の学生インタビューはこちら