[学生メッセージ]専攻と学び

心理学を学んだ幼稚園教諭として、
身につけた知識を活かしていきたいです。

psychology_message

2016年3月卒業
間中 智美
Tomomi Manaka

 1年次の基礎課程で学んでいく中で心理学と出会い、子どもが好きでしたので、子どもの発達とその心理を学ぶべく専攻を決めました。同時に、幼稚園教諭を目指して初等教員特別プログラムにも挑戦。授業は1日に大量につめるのではなく、毎日の学びが楽しみになるよう、週6日まんべんなく入れるなど、時間割を工夫しました。また単位を意識するだけでなく、興味があるものを履修するなど、意欲を持って学ぶことを目指しました。その結果、認定心理士と幼稚園の教員免許状の取得という目標をクリアし、心理学と初等教育学という両輪をフル回転させて、やり切ったという充実感でいっぱいです。
 4年間の集大成である卒業論文は、「幼少期の親子関係が女子大生の自尊感情や対人不安に与える影響」というテーマを選びました。質問紙と表情認知というテストでデータを集めて分析し、幼少期の体験はその後の人格形成にどのような影響を与えるかを考察しました。幼稚園教諭の道に進みますが、心理学を修めた教師として、発達心理学やカウンセリング法などの知識を現場で活かしていきたいと思っています。

間中さんの時間割

psychology_timetable_1
psychology_timetable_2
psychology_timetable_3
psychology_timetable_4

人に対して偏見を持つのではなく、
個性と捉える力が付きました。

gakusei_message

2015年3月卒業
大井 茉鈴
Marin Ooi

 どうしてこの人はこういう行動をとったのか。それを論理的に説明できるようになりたいという思いから、心理学を専攻しました。認知心理学では、人の心理を科学的な目で調べていくわけですが、その手法は実験や質問紙などを集めて統計をとり、そこから平均値を出して実証していくというものです。パソコンの前に座っている時間が長く最初は戸惑いましたが、平均値からある傾向や法則を見つけ出し、分析していくことに心理学の醍醐味があるのだと理解しました。と同時に、調査を通して様々な方に話を聞き、平均的な傾向はあるけれど同じ人間は一人もいないこと。そして人に対して偏見を持つのではなく、個性と捉える力が付きました。
 就職は金融業界に進みます。金融という形のないものを扱うからこそ人間力が問われるという世界で、自分の力を試してみたいと思っています。わたしは聖心女子大学の建学の精神に惹かれ入学しました。「人のために」を行動の主眼においたその精神を忘れることなく、お客様と信頼関係を築けるよう仕事に取り組んでいきます。

大井さんの時間割

jikan_1
jikan_2
jikan_3
jikan_4

[学生メッセージ]卒業後の進路

心理学の実験や観察で身につけた分析力を、
システム開発という仕事に活かしていきます。

psychology_interview
2016年3月卒業
リコーITソリューションズ株式会社

千壽 朋子
Tomoko Senju
インタビュー動画はこちら

自分がシステム・エンジニアとして働くとは、1年前は想像もつきませんでした。昔からイメージやアイディアを具現化していくことが好きで、自らモノづくりに携わって社会貢献したいと、自己分析できたことがSEという職種につながったのだと思います。キャリアカウンセラーの方とエントリーシートの添削や面接の準備を進め、心理学科からSEになった先輩方がいらしたことも、SEへの道を後押ししてくれました。理系の方のような専門知識はありませんが、心理学の実験や観察で身につけてきた分析力は、お客様の課題やその背景を的確に汲み取り、どのようなシステムで解決していくのかを検討する際に役に立つと考えています。また箏曲部では部長として、演奏会というメインイベントをつくりあげてきました。部員一人ひとりの役割や動きを把握し、全体を見通す力はシステム開発においても発揮できる能力だと思います。
就職は自分に正直になって、自分と向き合うことが大切です。憧れて入った会社であっても、やりたいことがなかったらどうでしょうか。自分は何が好きで、何をやりたいのか。4年間の学びの中で発見してください。

集中して取り組んだ就職活動。行動し続けて第一志望の企業に就職できました。

sotugyo_message

2015年3月卒業
楽天株式会社

青木 洋子
Yoko Aoki
インタビュー動画はこちら

就職活動を始めたのは3年次の9月から。大学主催の企業説明会に参加し、企業の情報収集や大学のOG訪問などを行って多くの方に話をうかがったりし、とにかく行動する毎日でした。1、2年次に必修単位を順調に修得していたので、気持ちに余裕があり、集中して取り組めました。
そんな中、社会に大きな影響を与えられるインターネットサービス業に魅力を感じていました。第一志望の楽天株式会社は、1年次生の時に学外サークルの活動で訪問して以来の憧れの企業。イギリス留学で世界中から集まった学生たちと関わり視野が広がった経験を経て、グローバルな展開を行う楽天にますます惹かれました。面接では自然体でのぞみ、素直に自分をアピールできて就職が内定。多くの方に出会い、情報を収集するうちに自分が企業で何をしたいのか、ビジョンを明確にできたことがよかったのだと思います。
大切なのは行動すること。聖心女子大学では挑戦する人にチャンスを与えてくれます。興味のある所に足を運び、やりたいことに挑戦して最高の学生生活を送ってください。