交換・推薦留学制度

情熱を持って挑戦し、自分に隠された力を発見する喜びを感じました。

第2外国語で学ぶフランス語の能力を伸ばし、世界中から集まる学生と学んで成長したいと考え、マギル大学への留学を決めました。勉強にいそしむ毎日を過ごすうちに「もっと学びたい、もっと考えたい」という意欲が生まれ、努力が成果につながる達成感を感じました。また、得意なピアノを生かしてボランティアや演奏会に参加し、特技で人に貢献できることの心地よさを学びました。情熱を持って挑戦し、自分の新たな力を発見する喜びは、何物にも代えられません。皆さんにもぜひ挑戦してほしいと思います。

interview_nagaoka

水口 南美
国際交流学科
留学先:カナダ マギル大学

認定留学制度

自ら設定した目標を目指すことで、文武両道の充実した留学生活になりました。

学内の留学説明会で先輩の体験談を聞いて魅力を感じ、マウントメアリー大学に留学することを決めたのは1年次の時。留学することが決まり、私が立てた目標は「留学して満足するのではなく、充実した留学生活にすること」。授業の学びだけでなく、留学生たちと積極的に交流することも意識しました。その結果、勉強では成績優秀者リストに入り、また留学先で始めたクロスカントリーでは1年間で一番タイムが伸びた選手として表彰。実践的な英語力を得られただけでなく、充実した留学生活になりました。

interview_nagaoka

小松 愛実
英語英文学科
留学先:アメリカ マウントメアリー大学

交換・推薦留学制度

1年間の海外経験と語学の習得は、大きな自信につながっています。

留学経験のあるゼミの先輩の話を参考に準備を進め、留学先ではホームステイという滞在形態を選択しました。結果としてはこれがとても良かったです。フランス人の生活や考え方に直に触れることができ、ホストファミリーと一緒に旅行したことやクリスマスを過ごした時間は忘れられません。寮生活だと英語に頼ってしまったと思いますし、フランス語に触れる機会もここまで多くなかったと思います。留学中の1年間を振り返ってみると、大学の外へ出てたくさんの出会いの場に身を置き、授業で学んだことを実践していくことが語学の上達につながったと実感しています。最初は自分の語学レベルの低さを痛感する日々でしたが、努力する中でフランス語を習得し、それが大きな自信になっています。

interview_nagaoka

齋藤 瞳
国際交流学科
留学先:フランス リヨン・カトリック大学

認定留学制度

学業もスポーツも懸命に努力。留学の1年間は私の宝物です。

留学先は、小規模なカトリックの女子大学。聖心に近い教えや生活環境で、勉強に集中できる場所だと思い、選びました。留学中は、貴重な時間を有効に使おうと決め、何事にも懸命に取り組みました。1科目につき、週に何本も課されるレポートには苦労しましたが、毎回教授や友人から文法などのアドバイスを受け、何度も推敲を重ねて完成させました。また、未経験でしたがサッカー部に入部し、チームの活躍に貢献しました。努力の甲斐あって、学業では成績優秀者の表彰を受け、サッカーでは多くの仲間ができるなど、実りのある1年となりました。留学は大きな挑戦でしたが、努力して得た成果や仲間は私の一生の宝物になりました。ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

interview_nagaoka

佐竹 藍子
英語英文学科
留学先:アメリカ マウントメアリー大学

交換・推薦留学制度

カルチャーショックも課題の多さも成長の糧となりました。

海外生活の経験はないのですが、英語が得意だったのでさらにブラッシュアップさせるために留学を決意しました。留学中はリーディングを平均で1日100ページ、ライティングは2週間で3000語のレポートを提出するなど課題の量が多く、最初の3ヶ月は週末も勉強漬けの日々でした。しかし後半は、異文化コミュニケーションの授業を履修して、自分が今経験している「カルチャーショック」とは何なのかが分かり非常に面白かったことと、生活に慣れてきたこともあって、アメリカ人と同じように休日を楽しむことができました。語学もネイティブに「うまくなったね」と言われるほど上達し、帰国後受けたTOEICも点数が伸びました。異なる価値観を受け入れられるようになり、人間的にも成長できたと感じています。

interview_nagaoka

菊池 菜那
国際交流学科
留学先:アメリカ シアトル大学

認定留学制度

様々な国籍の人と出会い、成長できる機会が留学です。

日本にいると西洋諸国を一括りに考えてしまいがちですが、歴史的に被支配国であり、差別に苦しんできた歴史を持つアイルランド人は、他の欧米人とは異なる独特の価値観を持っています。その価値観に触れるとともに、さまざまな国の留学生と友だちになり、人間の多様性や人と人が対等であることについて考えさせられました。そうした学びが、私にとって最大の収穫でした。高校生の頃から留学を夢見て準備を進めてきましたので、英語への不安はありませんでした。日本には実践的に英語を勉強する場がたくさんあります。日本に住んでいる外国人のコミュニティに飛び込み、生きた英語に触れるのも一つの方法。留学するのなら語学だけではなく、多くのことを学んできてほしいと思います。

interview_okamori

桝水 美伽
英語英文学科
留学先:アイルランド トリニティ大学

交換・推薦留学制度

確かな語学力を獲得。現地でインターンも経験しました。

自分の韓国語を話す力が通用するか、確かめたい。そう考え、留学を決めました。留学先では24時間韓国語漬けの毎日を送り、大学で周りの学生に留学生だと気付かれないぐらい上達したのはうれしかったです。日本語の小説を韓国語に翻訳するセミナー、A3サイズの用紙いっぱいに論述しなければならない試験には苦労しましたが、語学力を鍛えられたと思います。韓国語能力試験の最高級の6級にも高得点で合格できました。留学中の夏休み1カ月間は、韓国の観光会社でインターンを経験しました。韓国語の記事を日本語に翻訳してサイトに掲載したり、顧客からの問い合わせに対応したり、様々な業務を通じて、社会で働くための土台作りができたのも、大きな収穫です。

interview_nagaoka

長岡 涼夏
人間関係学科
留学先:韓国 韓国カトリック大学

認定留学制度

街に魅力を感じて留学。準備も自信につながります。

大学2年でドレスデン工科大学への夏期海外語学研修に参加した際にライプチヒを訪ね、街の雰囲気や大学のキャンパスに魅力を感じ、留学先に選びました。認定留学でしたが、留学先へのメールや志願書の添削など、先生方にたくさんのサポートをしていただきました。留学先選びや様々な手続きは少しハードルが高めですが、クリアすることで積極性が身につき、留学中の自信につながりました。一番印象に残っているのは、ドイツ語でイタリア語、フランス語を学ぶ講義です。語学だけでなく、ヨーロッパの人同士が他国の人に持っている印象など、文化的な違いも友人たちの生の声で知ることができたのは大きな収穫でした。今後はドイツの大学院に留学し、さらに語学力向上や国際理解を深めるのが目標です。

interview_okamori

岡森 えりな
国際交流学科
留学先:ドイツ ライプチヒ大学

交換・推薦留学制度

韓国語の習得で成長を実感。将来は語学を活かした仕事をしたいです。

第二外国語で選択した韓国語を極めたいと思い、2年次夏の語学研修を経て、3年次に1年間韓国へ留学しました。語学研修とは異なり、哲学科に在籍して韓国の大学生たちと同じ授業を受講。哲学は思弁的なことを学ぶ学問ですので言葉は難解で70%ほどしか理解できず、先生や友人たちの協力を得ながら猛勉強しました。しかしその甲斐あって、韓国政府が認定する韓国語能力試験では最高級の6級を取得。目標を達成することができましたし、成し遂げたことで自信もつきました。海外に一人で暮らすという経験を経て、積極的な姿勢が身に付くなどの成長も実感しています。韓国語を話している自分が好きです。就職は韓国語を活かせる仕事に就き、チャレンジ精神を発揮していきたいです。

i1

渡邊 聖子
哲学科
留学先:韓国・韓国カトリック大学(1年間)