世界を視野に入れた価値観を築き、
グローバル社会で活躍、貢献できる力を培います。

国際社会は今、政治、経済、文化などが絡み合い、複雑性を増しています。多元化する世界の諸問題を読み解くためには、世界を視野に入れた新しい価値観、多角的な視点を備えていかなければなりません。国際交流学科では、グローバル社会で活躍するために欠かせない見識、積極的に他者と関わる力、発信力を鍛え、今日の国際社会の問題解決に貢献する能力と自信を身につけた人材を育成します。

国際交流学科の学び

calendar_05

グローバル社会で活躍し、貢献するために

国際交流学科の目標は、社会の変化に適切に対応できる見識と幅広い視野を備え、異なる文化間の深い相互理解を持ち、国際社会に貢献できる人間を育てることです。本学科で身につけた専門性とコミュニケーション能力を活かし、多くの卒業生が国内外のさまざまな分野で活躍しています。

calendar_05

実践的な語学力とコミュニケーション能力

原則としてネイティブの教員により、英語のほか、第二外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語から選択)を実際に使えるレベルに高めます。加えて、留学等の海外体験により、国際貢献の実践に不可欠な語学力とコミュニケーション能力・発信力を徹底的に習得します。

calendar_05

国際政治、経済、文化などの最新の専門的知識

今日のグローバル社会にあって、将来、国境の内外で活躍、貢献するためには、現在地球上で起こっているさまざまな出来事とその意味への深い洞察力が欠かせません。そのため、本学科では語学だけでなく、国際政治、経済、文化、国際協力・援助などの最新の専門的知識を幅広く学びます。

学びの流れ

授業Report

授業紹介

文化多様性実習

あらゆる国や地域における地域主義、先住民族の土地権、無形文化遺産の保護、食の地消地産等、グローバル化の裏で個別社会がアイデンティティーの保持と持続可能な発展を目指して取り組んで行かなければならない課題について、みんなで考えます。国際的な視野を拡げながら身のまわりをも見つめ、日本の中の文化多様性にも気づき、議論します。先生の講義をヒントに各自が調査結果を持ち寄り、多くの留学生を交えたグループディスカッション、プレゼンテーションを主体とする活気ある授業です。

授業紹介

国際比較文化演習

思想や文化をテーマに、日本とヨーロッパを比較研究しています。日本研究の1つに「大学生観光まちづくりコンテスト」への参加があります。現地でのフィールドワークから、観光への提案をします。コンテストには、例年全国から約100チームが参加します。2018年は上位30チームに、2017年は上位10チームに選ばれ、頂点に挑むことができました。

授業紹介

国際政治演習

国際政治演習では、3年次に理論的基礎を学び、夏期沖縄合宿では国際政治の「現場感覚」を研ぎ澄まします。それぞれが自らの問題意識を深め、4年次の個性豊かな卒業論文につなげます。ゼミ生は、留学やNGO活動、「国際問題プレゼンテーション・コンテスト」での外務大臣賞連続受賞など学外でも大活躍し、この2年間で目覚ましく成長しています。

Topics

グローバルな課題の「リアル」に触れる国内外の一流ゲストによる講演会

 
2018年度には、外務省霞関会との共催で三度の「国際情勢講演会」が開催され、学科学生も準備・運営に活躍しました。第1回は島内憲氏(元スペイン・ブラジル大使)より、昨今の日本外交の重要な柱のひとつである「地球儀を俯瞰する外交」が真価を発揮するカリブ海諸国との関係について示唆いただきました。第2回は大島賢三氏(元国際事務次長)より、北朝鮮とイランを巡る核不拡散・非核化交渉について、国連の安保理改革について、アフリカにおける日本の国際開発協力について、三部構成で講演をいただきました。第3回は、重家俊範氏(元韓国大使)より、米朝首脳会談についての見解が学生に共有されました。各回共に学科学生から活発に質問が挙げられ、それにゲストスピーカーが応じてくださることにより、講演会が発展的議論につながり、充実した雰囲気の中で締めくくられました。