日本の言語と文学、そして文化を深く理解し、
世界に向けて発信する力を育みます。

グローバル化する世界では、異なる文化の人々を理解する力はもちろん、自らの文化を正しく伝えるための知識や発信力を持つことが求められています。日本語日本文学科では、日本語学、日本文学、日本語教育学の3分野の学びから、自らの言語や文化について本質的な理解を深め、世界の人々に発信する力を養います。必修の科目が少なく、学びの目的に合わせてフレキシブルに履修プランを組み立てることが可能です。

日本語日本文学科の学び

的確なコミュニケーション力

発表と討論の力を身につける「演習」、日本語の表現力を高める「文章表現法」、プロフェッショナルの指導を受けて作品を創作する「文芸創作入門」などの授業を、密度の高い少人数制で実施しています。周囲の人々と協働しつつ、自分の考えを的確な言葉で発信していくコミュニケーション力を養います。

日本語教員課程を開設

 
日本語を教える教員を養成するためのプログラム、「日本語教員課程」を開設しています。この課程に学ぶ学生は、英語に加えて2 種類の外国語を学習し、また、外国人学習者に実際に日本語を教える教育実習を経験します。グローバル化時代にふさわしい、世界に向けた発信力を身につけます。

多彩な授業科目を自由に学ぶ

「日本文学」の分野には、児童文学、浄瑠璃、歌舞伎、アニメーションなど、さまざまなテーマの授業があります。多様な文学に触れることで、既成の枠組みにとらわれない柔軟な思考力を養います。本学科には“必修”の授業科目が少なく、学生は各自の関心に合わせて履修プランを組み立てることができます。

学びの流れ

授業Report

授業紹介

古典文学の世界

1年次生のために「ことばの世界」「日本語の世界」「近代文学の世界」など、「世界」シリーズを用意しています。これは専門の研究分野の魅力と奥行きをわかりやすく伝える授業です。写真は「古典文学の世界」。さまざまな視点から古典文学を読み解きます。女性の描かれ方は時代とともに変わり、例えば「盗まれる女」というテーマの話を追うと、平安時代から江戸時代の間に大きく変化していることに気づきます。また、清少納言vs.紫式部。2人は全く違うタイプの女流作家でした。高校の「古文」とはひと味違った大学ならではの読解を楽しんでください。

授業紹介

日本語学演習

「演習」は、学生自らが決めたテーマについて研究・発表、討論する授業です。写真は「日本語学演習」。現代日本語に関する疑問を取り上げ、グループ発表をし、討論します。「花は咲く」と「花が咲く」はどう違う? 「鳥が歌っている」と「木が倒れている」は「ている」の意味が違うけれどなぜ? など、私たちがよく知っているはずの日本語の謎を見つけ出し、論理的に分析する力を養います。

授業紹介

日本語教育実習

日本語教員を養成する「日本語教員課程」の最終段階が「日本語教育実習」です。今までに学んだ知識やスキルを総動員し、外国人学習者に日本語を教えます。学習者は大学周辺で募集し、アメリカ、インド、カナダ、韓国、中国、フランス、ベトナム、ミャンマーなど、多くの国の方に協力していただいています。世界の広さと多様な文化を実感し、ワクワクします。あなたも体験してみませんか。

Topics

学びと親睦を深める楽しい行事文学散歩

毎年11月3日・文化の日は、日本語日本文学科恒例の楽しい「文学散歩」の日です。東京都内やその近郊にある文学館や博物館、資料館、また古典から現代まで日本文学にゆかりのある史蹟を、学生と教員が一緒に巡ります。企画・運営は、「日文委員」と呼ばれる、その年のボランティアの学生スタッフが取り仕切ります。年ごとにルートを計画し、下見をして実地踏査、入館に必要なチケットの手配や「文学散歩のしおり」(これがまたカワイイのです)の作成、その他もろもろ見事な仕事ぶりです。見学中は教員も専門的な解説を行います。2018年は早稲田界隈の穴八幡宮、漱石山房記念館、坪内博士記念演劇博物館などをまわりました。鎌倉、三鷹の森ジブリ美術館、上野・浅草を訪れた年もあります。教室では体験できない形で日本文学に触れ、同じ学科の学生同士、また教員との親睦を深める良い機会となっています。